2010年10月26日火曜日

Openofficeのインストール

# yum -y install openoffice.org-core openoffice.org-langpack-ja_JP

とすると
Installing:
openoffice.org-core x86_64 1:3.1.1-19.5.el5_5.1 updates 110 M
openoffice.org-langpack-ja_JP
x86_64 1:3.1.1-19.5.el5_5.1 updates 18 M

インストール後
# soffice で起動

これだけではドキュメント作成の
ツールが何もはいっていない。


次に各機能をインストールする。
# yum -y install openoffice.org-writer openoffice.org-calc openoffice.org-impress openoffice.org-math openoffice.org-base openoffice.org-draw
とするとメニューに表示されるようになる
(メニューからは起動はするがフリーズしてしまった。#sofficeで起動して、メニューから選択すればうまくいった)

netperfでのベンチマーク

netperfを利用してネットワークスループットのベンチマークをとります。

1.インストール
yum --enablerepo=rpmforge install netperf

2.サーバ側起動
[root@rad-xen-vweb8 log]# netserver
Starting netserver at port 12865
Starting netserver at hostname 0.0.0.0 port 12865 and family AF_UNSPEC

ポート12865で起動
[why?]
ポートを12865だけ開けてもうまくいかなかった
netperf: send_tcp_stream: data socket connect failed: No error
port: 48488

3.クライアント側起動
[root@rad-xen-vweb9 ~]# netperf -H XXX.XXXXX.com
TCP STREAM TEST from 0.0.0.0 (0.0.0.0) port 0 AF_INET to XXX.XXXXX.com (YYY.YY.YYY.YYY) port 0 AF_INET
Recv Send Send
Socket Socket Message Elapsed
Size Size Size Time Throughput
bytes bytes bytes secs. 10^6bits/sec

87380 16384 16384 10.29 1228.82
太字の部分をDBに格納

4.実行環境
サーバはVPS、アクセスするクライアントは学内PCから
C:\netperf>netperf-2.1pl1.exe -H XXX.XXXXX.com >>./log/log
_netperf.txt
ひとまず、ファイルに書き込んであります。

2010年10月25日月曜日

ベンチマークab

abでのベンチマークのメモ

同時 10 接続で 1000 リクエストを処理するまでの性能を計測
ab -n 1000 -c 10 http://localhost/ファイル名

HTMLファイル ht_test.html (HTML1行出力)
AB HTML

# ab -n 1000 -c 10 http://localhost/ht_test.html


PHPファイル php1_test.php (PHP1行出力)

# ab -n 1000 -c 10 http://localhost/php1_test.php



PHPファイル php2_test.php (PHP1~1000まで足し算、出力)

# ab -n 1000 -c 10 http://localhost/php2_test.php



今回DBに格納するデータとして
・Document_Path 調査ファイル名
・Server_Software Apacheのバージョン
Requests_per_second 1秒間に処理されたリクエスト数
・Transfer_rate 転送速度
ネットワーク環境の実効速度よりも遅いようであれば、ネットワーク環境のチューニングも考慮する。ネットワーク環境の実効速度は、そのネットワーク経路上の最も細い回線の60%程度とみればよい。

2010年10月20日水曜日

hdparamでの検証

hdparmでの検証です。

ddと同様12回行って最大値、最小値を除いた10回の平均をDBに格納します。

for i in [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12];
do
sleep 7;

echo $'\n\n' $i >>/パス/log_hdparam.txt;
date >>/パス/log_hdparam.txt;
/パス/hdparm -t /dev/xvda2 >>/log_hdparam.txt;
done

[結果表示]
[1]
Wed Oct 20 10:03:28 JST 2010

/dev/xvda2:
Timing buffered disk reads: 46 MB in 3.02 seconds = 15.26 MB/sec


[2]
Wed Oct 20 10:03:55 JST 2010

/dev/xvda2:
Timing buffered disk reads: 296 MB in 3.01 seconds = 98.37 MB/sec

このsecondsの10回の平均値をDBにアップロードします。createdも入力します。

cronに登録
/パス/hdparm-9.29/hdp.sh;
echo >>/パス/log_hdparam.txt;
を毎時実行45分

CREATE TABLE IF NOT EXISTS `hdparams` (
`id` int(11) NOT NULL auto_increment,
`seconds` double NOT NULL,
`created` datetime default NULL,
`modified` datetime default NULL,
PRIMARY KEY (`id`)
) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8 AUTO_INCREMENT=1 ;

ddでのベンチマーク検証

ddコマンドを利用してHD書き込みのベンチマーク検証を行います。
ddは結果が標準エラーで出力なので、ちょっと注意です。
結果はDBに格納しますが、ひとまずファイル出力で書いておきます。

[dd.sh]
for i in [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12];
do
sleep 7;

echo $'\n\n' $i >>/log_dd.txt;
date >>/log_dd.txt;
dd if=/dev/zero of=/tmp/hdparm_write$i.tmp ibs=1M obs=1M count=1024 2>>/log_dd.txt;
done

これを実行すると([1][2]の間は空白2行)


[1]
2010\u5e74 10\u6708 20\u65e5 \u6c34\u66dc\u65e5 08:43:56 JST
1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 6.91169 seconds, 155 MB/s


[2]
2010\u5e74 10\u6708 20\u65e5 \u6c34\u66dc\u65e5 08:44:13 JST
1024+0 records in
1024+0 records out
1073741824 bytes (1.1 GB) copied, 8.57898 seconds, 125 MB/s

これが[12]まで出力されます。
この155 MB/s,125 MB/sの最大値と最小値を取り除いた10回の平均値を求め、DBに格納します(他プログラム)。
DBフィールドはMBsとなっています。
InsertはMBsとcreatedフィールドに書き込みます。

CREATE TABLE `jacc`.`dds` (
`id` INT NOT NULL AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY ,
`MBs` DOUBLE NOT NULL ,
`created` DATETIME NULL ,
`modified` DATETIME NULL
) ENGINE = INNODB



これをcronで1時間に1回実行します。
書き込みは空白3行空けています。

2010年10月18日月曜日

VNC一般ユーザ追加

http://sdc.sangi.jp/2009/08/amazon-ec2-gui.html の続きです

LinuxにVNC経由でアクセスする場合、一般ユーザで接続できるようにしておきます。

# vi /etc/sysconfig/vncservers
VNCSERVERS="1:root 2:jacc 3:sangi"
このようにrootの後に空白を挟んでユーザを追加する(当然存在するユーザを記述します)

対象ユーザに切り替え、VNC用パスワードを設定します(6文字以上)。


$ vncserver
でサービスを起動します。


/home/sangi/.vnc/xstartup が生成されます
$ vi /home/sangi/.vnc/xstartup

#twm & コメントアウト
追加
LANG=ja_JP.utf-8
export LANG
export XMODIFIERS="@im=SCIM"
export GTK_IM_MODULE=scim
export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE

exec gnome-session &



# service vncserver restart で再起動
realVNCで接続します。




2010/10/27追加
1:root ⇒5901を利用
2:jacc⇒5902を利用

という感じでユーザを増やすと1つずつポートを増やさなければならない。
ディスプレイ番号とポートの1の位が対応しているみたい。